腱鞘炎のテーピング、包帯の巻き方

テーピングや包帯は自由度が高く、人体の様々な部分に利用でき大変便利です。そのため、巻き方や固定のやり方など工夫が必要になることがあります。腱鞘炎だけでなく捻挫など、動きを制限して治療が必要とするものに応用がききますので参考にしてみて下さい。


・テーピングの巻き方(貼り方)
腱鞘炎で一番多いとされる、親指を中心としたばね指やドケルバン腱鞘炎があります。親指を中心としたテーピングの巻き方(貼り方)は、まず親指の第一関節から手首方向に向け、手首から4〜5cmの辺りまでテープを貼ります。次に親指の第一関節の手の原側から手首に向けて斜めテープを貼ります。手首に対し4〜5cm程度まで貼ります。次に親指第一関節の手の甲側から手首に向けて斜めにテープを貼ります。同じく手首に対して4〜5cm辺りまで貼ります。このとき、各テープが親指の第二関節を中心として交差していれば大丈夫です。

手首のドケルバン腱鞘炎の固定については、まずテーピングを手首一周分の長さに切って下さい。次に切ったテーピングを縦に半分に切っていくんですが、残り2cmくらいを残して下さい。これで残り2cm部分でテーピングが繋がった状態になるはずです。次に手首の裏(手の原側)から繋がったテープの部分から巻いていきます。巻く方向は親指側から小指側にかけてです。テーピングは縦半分に切れ目を入れてますので、一方を手首側、もう一方を手首と逆側に向けて貼ります。貼り終ったらちょうど、野球選手がフォークボールを投げるときの指の形のようなテーピングになってると思います。


・包帯の巻き方
腱鞘炎の手首の固定方法ですが、まず手の原を下にして親指以外の指を引っ付けてパーにする形にして下さい。包帯を手の甲から親指と人差し指の間を通していきます。次に手の原から小指側にまわしていきます。次に手首側にまわして、包帯の巻き始めの部分を上から押さえ込む形にします。包帯を手首に一周巻いたら、最初と同じように親指と人差し指の間に向かった巻きます。最初の手順でもう一周包帯を巻き、次は手首から腕にかけて包帯を巻いていきます。手首から7〜8cmまできたら、次は手首に向かって巻いていきます。手首まできたら、最初の手順に戻り、親指と人差し指の間に向かって包帯を巻きます。ここからは最初の手順を繰り返すだけになるんですが、何週するかによって固定の度合いが変わってきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。