腱鞘炎の治療と対策について

腱鞘炎の治療法として一番いいのは、やはり動かさないことでしょう。何を今更のように思うかもしれませんが、基本使いすぎで腱鞘炎となるケースが多いので、違和感を感じれば休むということが、予防対策となるのです。とは言っても腱鞘炎の症状が進行してしまったら、そうは言ってられません。特に仕事柄、腱鞘炎になってしまった場合は大変です。できるだけ腱鞘炎箇所の動きを制限するために、サポーターやテーピングなどを活用しましょう。

■整形外科での治療
腱鞘炎の具体的治療法として、まず整形外科の診療を受けることだと思います。腱鞘炎は打撲や捻挫などから発生するケースもあります。腱鞘炎なのかどうか、専門家の判断を仰ぎましょう。整形外科で腱鞘炎と判断されれば、鎮痛剤や湿布などの処方をしてくれます。腱鞘炎の症状の進行具合にもよりますが、ステロイド剤を注射してくれることもあります。しかし、副作用も考えられるため、医師としっかり相談すべきでしょう。最終手段として手術という治療があります。特に入院するといった手術ではありませんが、術後の後遺症も考えられるので、まさに最終手段といえます。

■鍼灸院、整骨院は効果があるの?
みなさん実は、鍼灸院や整骨院に通ったことのが多いという方のが多いかもしれませんね。整形外科での腱鞘炎の基本治療とは「安静にしてください」という治療なんです。つまり、原因箇所を動かさないことが最大の治療という方針なんでしょう。まさしくその通りなんですが、それでは心もとないという人が多いと思います。私もその一人ですから。さて、整骨院の治療なんですが、整形外科の基本治療プラス、電気治療なんかも受けれます。私が学生の頃はよくお世話になりました。これは理学療法というものです。電気による刺激で筋肉をほぐしてくれます。次に鍼灸院での治療ですが、東洋医学の神秘というべきでしょうか。針やお灸で経絡やツボを刺激し人間の自然治癒力を活性化してくれます。個人的意見ですが、鍼灸院によって効果はかなり変わります。


いずれにしても、腱鞘炎の治療はできるだけ安静にすることが一番だと思います。整形外科で地道に治療するか、早期治療を目指すならば整骨院や鍼灸院と併用して治療するのもいいかもしれませんね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。